「最後の忠臣蔵」(映画)あらすじ - クチコミ情報、特選

クチコミ情報、特選 ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 「最後の忠臣蔵」(映画)あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後の忠臣蔵」(映画)あらすじ


元禄赤穂事件から16年。赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門は大石内蔵助から「事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよ」との命を受け、ようやく最後の遺族を探し出したことで浪士の十七回忌法要が行なわれる京へと向かう。その道すがら、寺坂はかつての盟友・瀬尾孫左衛門と再会する。討ち入り直前に逃亡した瀬尾だが、実は彼にもある目的があった。
(wikipediaより)

試写会情報:
「最後の忠臣蔵」
出演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、田中邦衛、
12月18日より日米同時公開。

原作:池宮彰一郎
池宮彰一郎の作品を楽天市場で見る >>

「忠臣蔵」関連商品を楽天市場で探す >>


 
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zsb09.blog85.fc2.com/tb.php/233-b36abb53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。