遺恨あり 明治十三年最後の仇討 の原作本 - クチコミ情報、特選

クチコミ情報、特選 ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » 遺恨あり 明治十三年最後の仇討 の原作本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺恨あり 明治十三年最後の仇討 の原作本

遺恨あり 明治十三年最後の仇討 の原作本を紹介。
テレビ朝日のドラマ「遺恨あり」の原作は「敵討」
 ↓↓
敵討
価格: 420円
商品副データ新潮文庫吉村昭新潮社この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年12月登録情報サイズ:文庫ページ数:217pISBN:9784101117461【内容情報】(「BOOK」データベースより)惨殺された父母の仇を討つ?しかし、ときは明治時代。美風として賞賛された敵討は、一転して殺人罪とされるようになっていた…新時代を迎えた日本人の複雑な心情を描く「最後の仇討」。父と伯父を殺した男は、権勢を誇る幕臣の手先として暗躍していた…幕末の政争が交錯する探索行を緊迫した筆致で綴る「敵討」。歴史の流れに翻弄された敵討の人間模様を丹念に描く二篇を収録。【目次】(「BOOK」データベースより)敵討
(更新日時:2011/02/27 00:07)
Supported by 楽天ウェブサービス
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zsb09.blog85.fc2.com/tb.php/314-be394b86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。